三浦かおり

制作テーマ

形あるものはいつか壊れる。物事に対して疑問に思うこと(興味を持つこと)があると、一度それを壊して(解体して)みたくなります。既存の物事がそこに至った思考や経緯、その結果できあがった仕組みや構造を壊して(解体して)みることで、それらの存在を問い、再認識します。物事が変わったり、なくなったときに残る「気配・余韻・痕跡」といった微かな要素から日常にあるものをモチーフに制作しています。

経歴

2005/3 京都造形芸術大学卒業

主な展示

2013/8 第3回京都造形芸術大学全国公募展 優秀賞
2013/9 中之条ビエンナーレ
2013/11 個展「記憶の果て」
2014/3 「撤収!」展<新・港区 Hammer Head Studio / 神奈川>
2014/10 第5回東京アンデパンダン展
2015/1 個展「unknown time」
2015/2 第5回東京アンデパンダン展 受賞者展
    三浦かおり+石川慎平 二人展「存在の気配」
2015/5 SICF16
2015/9 中之条ビエンナーレ<旧第三小学校 / 群馬>
2016/6 個展「いしきのそとのダンペン」ほか
2016/8 Japan im Palazzo (スイス: Kunsthalle Palazzo Liestal)
2016/9 個展「(タイトル未定)」