James Jack

経歴

ジェームズ・ジャック(1979)は福岡在住のアーティスト。
瀬戸内国際芸術祭、釜山ビエンナーレ・シーアートフェスティバル、アートベース百島、水と土芸術際、シンガポールのInstitute of Contemporary Artなどのグループ展で、社会と深く関わるプロジェクトを展開してきた。また、ホノルル美術館、TAMAギャラリー(ニューヨークシティ)、Satoshi Koyama ギャラリー(東京)で開催された個展では。彼の論文や記事は、『ISSUE』『ジャパンタイムズ』『モダンアートアジア』『アートアジアパシフィック』、そして『須田悦弘展』カタログ(ハワイ現代美術館)や『太陽へのレクイエム:もの派の芸術展』カタログ(ブラム&ポーギャラリー)などの他、多くの美術館やギャラリーの展覧会カタログに掲載された。
2008-2010年明仁皇太子奨学金フェロー、2015年にはシンガポールのCentre for Contemporary Artで招待作家。現在は九州大学のソーシャルアートラボのアーティスト特別研究員。
James Jack (b. 1979) is an artist based in Fukuoka. He has developed socially engaged art projects for exhibitions at Setouchi International Art Festival, Busan Biennale Sea Art Festival, Art Base Momshima and the Water and Land Festival. Solo exhibitions have been held at Honolulu Museum of Art, TAMA Gallery (New York), Beppu-Wiarda Gallery (Portland) and Satoshi Koyama Gallery (Tokyo). Writings by Jack have been featured in Art Asia Pacific, The Japan Times, Modern Art Asia and art catalogs published by Blum & Poe Gallery, LASALLE College of the Arts, Satoshi Koyama Gallery and The Contemporary Museum of Hawai‘i. He was a Crown Prince Akihito Fellow (2008-2010) and artist in residence at the NTU Centre for Contemporary Art in Singapore (2015). Currently he is an Artist Postdoctoral Fellow at the Social Art Lab, Kyushu University.