玄玄天

いわきまちなかアートフェスティバル

能登朝奈?

略歴

1999年 もえぎ(益子)初個展
以後、展示会を主体に活動

FUURO(東京)
而今禾(東京)
KOHORO(東京)
Sumica(横浜)
寛土里(東京)
六々堂(京都)
桃居(東京)
うつわ菜の花(小田原)
ギャラリー觀(郡山)

など

自身の制作テーマについて

パート・ド・ヴェール(ガラスの練り粉) という技法を使って、グラスやお皿、花器、壁かけなど、色々なものを制作しています。
古代メリポタミア文明までさかのぼる、とても古い技法で、粘土と石膏を使う、いわば鋳造法です。この独特な技法のもつ質感を生かせるよう、シンプルな物づくりを目指しています。
私の作ったガラスが使って下さる方達の暮らしの中にとけこみ嬉しい時も悲しい時もそっと寄り添うことができますように。

【作家プロフィール】
1974 栃木県生まれ
1995 東京ガラス工芸研究所研究科卒業
1997 長野県 安藤ひかりさんのアシスタント
1998 栃木県益子町にて独立
2001 いわき市に移動


【タイトル】デザートグラスとボール
【制作年】2017
【素材】ガラス