玄玄天

いわきまちなかアートフェスティバル

國盛麻衣佳

略歴

展覧会 アーティスト・イン・レジデンス ワークショップ等:
2007 個展「The day –you are all I need-」(東京都/art and river bank)
2008 Coal mine Lab.「炭坑+アート展」(山口県/ときわミュージアム)
2009 英国交際交流機関British Council都市計画ワークショップ「City Scapers」
   (イギリス/カーディフ大学・グラモーガン大学)
2009 福岡県大牟田市文化事業「COAL PAINT Workshop —おおむたの石炭えのぐで炭車を塗ろう!— 」
  (福岡県/石炭産業科学館) 
2010 個展「COALITION-石炭を物語るアート-」
   (北海道/NPO法人炭鉱の記憶推進事業団マネジメントセンター)
2011 嘉穂劇場80周年記念式展「伊東英子像」(福岡県/嘉穂劇場)
2011 個展「be with underground」(東京/ 銀座ギャラリー女子美)
2011 「COAL PAINT Workshop –なりきり作兵衛さん!-」(福岡県/織田広喜美術館)
2011〜2012福岡県共助社会づくり事業助成「おおむたの色」クレヨン商品開発 
     コーディネーター(福岡県/NPO法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ他)
2012 個展「miner’s life」(東京都/銀座コバヤシ画廊)

受賞歴:
2012 第36回九州青年美術公募展河北記念賞受賞 絵画作品「in my home town」                                                       
2013  第37回九州青年美術公募展審査員特別賞受賞 絵画作品「都市の鼓動」

学位論文:
2017 「炭鉱と美術〜旧産炭地固有の美術活動の成立と展開に関する研究」
九州大学大学院 芸術工学府

作家プロフィール

福岡県大牟田市生まれ。女子美術大学美術学科洋画専攻、東京芸術大学大学院修士課程美術研究科壁画専攻を経て、2017年に九州大学大学院芸術工学府環境・遺産デザインコースにて博士号(芸術工学)を取得。「炭鉱と美術」をテーマとし、旧産炭地で生まれた文化の再評価を、美術活動と研究の両方から行なっている。国内外の各旧産炭地から得た石炭・石炭灰などを素材とした画材を用い、作品制作やアートワークショップを行なっている。今回は常磐産の石炭を使った絵具を用いたワークショップを開催予定。